Kengo Nagashima



統計数理研究所 医療健康データ科学研究センター 特任准教授
慶應義塾大学医学部 客員准教授
博士(工学)
研究領域:生物統計学, 生存時間解析, メタアナリシス, モデル選択, 混合効果モデル, モデル誤特定

〒190-8562
東京都立川市緑町10-3 統計数理研究所
Tel: 050-5533-8500 (代)
E-mail:

Curriculum vitae (PDF)

Logo: The Institute of Statistical Mathematics

ヘッドライン

内容
宣伝 Ad 臨床試験のための アダプティブデザイン が好評発売中です。
Ad 生存時間解析入門 原書第2版 が好評発売中です。
News STAT 研究成果が Statistical Methods in Medical Research 誌に採択されました (Stat Methods Med Res 2018; In press., 統数研プレスリリース)。
STAT 研究成果が Statistics in Medicine 誌に掲載されました (Stat Med 2018; 37(7): 1178–1190.)。
HOT 研究成果が The Lancet Neurology 誌に掲載されました (Lancet Neurol 2018; 17(6): 519–529.)。

更新履歴

更新日内容
2018/12/11 Research Firth の方法を用いた場合のモデル選択規準について を更新しました。
2018/12/3 SAS 背景因子の集計を Excel 出力する SAS マクロ を公開しました。SAS データセットの変数指定だけで、Excel ファイル形式で Table 1 を出力できるマクロです。
SAS SGPLOT Procedure 用の Kaplan-Meier プロットに No. at risk を追加するマクロ を更新しました(重み付き解析をサポート)。
2018/9/13 Research 2018年度 統計関連学会連合大会 の発表資料を公開しました。
2018/7/23 Research 翻訳書 臨床試験のための アダプティブデザイン が近日発売予定です。
2018/6/12 Research 変量効果モデルによるメタアナリシスの予測区間 について書きました。
2018/4/21 Research 研究成果が The Lancet Neurology 誌に掲載されました (Lancet Neurol 2018; 17(6): 519–529.)。
2018/4/20 R pimeta Package が CRAN Task View の MetaAnalysis に登録されました。
2018/4/10 R pimeta Package を公開しました。
2018/4/7 Research 研究成果が Statistical Methods in Medical Research 誌に採択されました (Stat Methods Med Res 2018; In press.)。
2018/4/1 Other 統計数理研究所 医療健康データ科学研究センターに特任准教授として着任しました。
2018/3/2 Research 統計数理研究所リスク解析戦略研究センター 第9回 生物統計ネットワークシンポジウム の研究発表資料を公開しました。
2018/3/2 Studies 第5回データサイエンスラウンドテーブル会議 ベイズ統計学 補足資料 を更新しました。
以前の更新情報