Kengo Nagashima



略説

$2 \times 2$ 分割表のリスク比のスコア検定 (Farrington & Manning, 1990) に基づくサンプルサイズ設計を行う Web アプリです、JavaScript で作成しています。

非劣性仮説の検定では、確固たる根拠をもって非劣性マージンを設定する必要があるため、専門家に相談することが望ましいです。 FDAのガイダンス(Non-Inferiority Clinical Trials to Establish Effectiveness)やCONSORT extension(The CONSORT extension for reporting noninferiority and equivalence trials)は必ず目を通した方が良いでしょう。

例:デフォルトの設定では、各群の有効確率を $60\%$ とし、標準治療群に対する試験治療群のリスク比 ($p_2 / p_1$) が $R_0 = 1.2$ より小さいことを対立仮説としています。

標準治療群に対する試験治療群の割付比は、標準治療群を 1 としたときの、試験治療群の比です (1:2 にしたい場合は 2 を入力; デフォルトは 1:1 です)。

アプリ

入力

計算結果

計算条件

参考文献

  1. Farrington CP, Manning G. Test statistics and sample size formulae for comparative binomial trials with null hypothesis of non-zero risk difference or non-unity relative risk. Statistics in Medicine 1990;9:1447–1454.

履歴

To cite this page