Kengo Nagashima



ヒストグラムを作成する Excel 2007 マクロ

Excel の分析ツールにはヒストグラムを作成するアドオンが入っていますが、機能的には充分であるとは言い難いです。そこで、分析ツールよりは機能が豊富なヒストグラムを作成するマクロを作りました。なお、本マクロは Excel 2007 用です。

ライセンスは GPLv3 です、再頒布または改変については GPLv3 の詳細を参照してください。
いかなる損害が起きても *完全無保証* ですので、グラフに誤りがないかご確認いただく事をお勧めします。

hist100.zip (download)

更新履歴

ToDo:

使い方と説明

使い方

  1. シート [データ入力] に変数名と 1 列のデータを入力します
  2. ヒストグラムを作成のボタンをクリックします
  3. オプションを選択し、[OK] ボタンをクリックすると、シート [ヒストグラム] に結果が出力されます

説明

  1. 三つの区間数決定手法または任意の区間数を選択できます。Scott (1979) の方法 / Freedman and Diaconis (1981) の方法 / Struges (1926) の方法 / 任意の区間数
  2. 縦軸の尺度を選択できます。度数 / 割合 (%) / 密度 (棒の総面積が 1 と等しくなるように基準化)
  3. 正規分布の確率密度関数と比較できます。ただし、 Excel の仕様上の制限があるため、確率密度はスムージングで繋いでいます。データが少ないと正しい正規分布からのずれが大きくなる可能性があります。区間数が 15 以下の場合、またはヒストグラムが左右非対称になる場合、確率密度の表示はあまり参考になりませんので注意してください。また、区間数が 15 以下という基準は、理論的に導かれた値ではありませんので、ご承知の上お使いください。

実行例

マクロの実行画面です。
実行画面

マクロの実行結果です。
実行結果

履歴