Kengo Nagashima



goptions statement

goptions statement の device option を使います。

filename grafout "drive:\path\filename.ext";
goptions device = driver-name gsfname = grafout gsfmode = replace;

filename にフルパスでファイル名を指定します。
device = driver-nameに出力形式を指定します。

driver-name

gif 800x600 pixelのgif形式
出力サイズに制限があるので使いにくい。
jpeg jpeg形式、オプションで変えられるかもしれませんが、モスキートノイズがかなりひどいです。
出力サイズに制限があるので使いにくい。
bmp 256色ビットマップ、サイズは恐らく任意。
gifやjpgを使うならbmp経由でレタッチソフトを使って変換した方がよい。
emf windows enhanced metafile
ベクトル画像、フォントは埋め込めない。
pdfc pdfファイル(カラー)
何故か指定したフォントを使ってくれないので、使い物にならない。
gifanim animation gif形式
使いどころがあまりない。

色々指定はできるようですが、ラスタならbmp、ベクトルならemfを使うといいと思います。

サンプルスクリプト

適当なディレクトリに保存して実行してください。
保存したディレクトリに "Sample.bmp" を作成します。

download (goptions.sas)

dm 'log; clear; output; clear';

%let execpath = " ";
%let Path = " ";
%macro setexecpath;
  %let execpath = %sysfunc(getoption(sysin));
  %if %length(&execpath) = 0 %then
    %let execpath = %sysget(sas_execfilepath);
  data _null_;
    do i = length("&execpath") to 1 by -1;
      if substr("&execpath", i, 1) = "\" then do;
        call symput("Path", substr("&execpath", 1, i));
        stop;
      end;
    end;
  run;
%mend setexecpath;
%setexecpath;

data sample;
  do x = 0 to 1 by .01;
    y = x**21 + x**13 - x**2 - 3 * x;
    output;
  end;
run;

goptions reset = all;
goptions ftext = 'Times New Roman' ftitle = 'Times New Roman';
goptions hsize = 6 in vsize = 6 in htitle = 1.6 htext = 1.6;
options linesize = 130 pagesize = 9999;

filename grafout "&Path.Sample.bmp";
goptions device = bmp gsfname = grafout gsfmode = replace;

proc gplot data = sample;
  plot y * x;
  symbol1 i = splines;
run; quit;

Sample.bmpをpngに変換したもの

おまけ (animation gif)

指数関数のテーラー展開です。
剰余項を打ち切っているので、次数が増えてゆくと黒線 (展開したもの) が赤線 (指数関数) 近づいていく様子が分かります、くだらないですね。

download (goptions_anigif.sas)

指数関数のテーラー展開

履歴