Kengo Nagashima



非劣性仮説のlog-rank検定に対するサンプルサイズ設計 (年次生存割合から計算)

比例ハザード性を仮定し、非劣性仮説の log-rank 検定について Jung & Chow (2012) の方法によるサンプルサイズ設計を行う Web アプリです、JavaScript で作成しています。
Jung & Chow (2012) にはクリティカルかつ分かりやすいタイポが 1 つあるので、原典を参照したい方はどこが間違っているか探してみて下さい。

設定する年次生存割合、登録期間、および追跡期間は全て または に揃えて入力してください (月で入力した場合と年で入力した場合は結果が少し異なることがあります)。
年次生存割合の年度には、何年生存割合を用いるかを入力します (初期値の例では 12 ヶ月 (1 年) 生存割合)。
標準治療群に対する試験治療群の割付比は、標準治療群を 1 としたときの、試験治療群の比です (1:2 にしたい場合は 2 を入力; デフォルトは 1:1 です)。
非劣性マージンは帰無仮説におけるハザード比 $\Delta_0$ で、対立仮説におけるハザード比 $HR$ に対して、$HR \lt \Delta_0$ となるように設定して下さい。
片側検定のみに対応しています。

アプリ

入力

計算結果

計算条件

参考文献

  1. Jung SH, Chow SC. On sample size calculation for comparing survival curves under general hypothesis testing. Journal of Biopharmaceutical Statistics 2012;22(3):485–495. [Web Site]

履歴

To cite this page